ワーキングホリデーを活用する

ワーキングホリデーにもルールがあるのです。
オーストラリアを例にして説明しましょう。

ワーキングよりデーのルール

現地で働きながら語学留学ができる点でワーキングホリデーを選択する人は今も昔も多いことでしょう。
しかしワーキングホリデーも誰でも利用できるというわけではありません。
オーストラリアのワーキングホリデーで説明します。
まず年齢制限があります。これは申請時の年齢なのですが、18歳から30歳となっているのです。
また人数制限があるようですから、あまり大量に流入してこないようにしています。
ちなみにこの定員数というのは決まっていないようでそのときの申請状況によって左右されるようです。
また語学留学についてですが就学期間は4ヶ月までと決まっているようです。そして就労期間は6ヶ月から12ヶ月ということですから、語学留学をしてもそれ以上の期間でアルバイトが認められているということになります。

ワーキングホリデーの条件

オーストラリアドルで5千ドル以上の貯金があること、扶養する子供が同伴しないこと、さらに健康上の問題がないことなどが条件となります。
ワーキングホリデーの申請は自分でもできますが留学するのですから留学エージェントに任せるほうが簡単です。すべて自分で留学まで行うなら別ですが、語学留学を留学エージェントに頼むのであればワーキングホリデーも一緒に頼むようにしましょう。