フィリピンでの語学留学は実力次第

英語を学ぶための語学留学というとアメリカやオーストラリアなどの英語圏への語学留学が一般的です。
それでもこの数年ではアジアの英語圏でもあるフィリピンへの語学留学が増えているというのです。

フィリピンへの語学留学の特徴

アメリカやオーストラリアでの授業ではグループレッスンが面となるのですが、フィリピンの授業ではフィリピン人講師との1対1でのマンツーマンでの授業が一般的となります。
ここで気になることはフィリピン人の講師で英語がしっかりと身につくのかということですが、総じて評判はいいのです。
訛りなどはないのかということですが、オーストラリア英語とアメリカ英語はやはり違いますし、クィーンズイングリッシュと呼ばれるイギリスの英語が標準語と捉えるとそれもアメリカ英語とはやはり違ってくるのです。
このあたりはとりあえず英語が習得すれば満足するというレベルでいいと思います。

あくまでも安さで勝負と割り切る

フィリピンで英語を学んだということでしたらどこかステイタス的に弱い響きになりそうです。
しかし、しっかりと英語は身に付きます。
フィリピンで英語を学んでもそれが就職に結びつかないという評判も高いのですが、それは本人の資質によるものが大きいと言えるでしょう。
きちんと英語がネイティブ並みに話せるようになれば英語が出来る人は引く手あまたですからフィリピンでの語学留学などとは関係なく企業で重宝されるのは間違いないのです。